×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『生』があれば、『死』がある。

『真』があれば、『嘘』もある。

『強者』がいれば、『弱者』もいる。

『安全』があれば、『危険』もある。

『平和』があれば、『戦争』もある。

『平等』があれば、『差別』もある。

『光』があれば、『闇』がある。

それは、すべてに共通すること。

いい事があれば、悪いこともある。

逆に、悪いことがあれば、いい事もある。

それは、私自身にとっても。

『表の自分』がいれば、『裏の自分』もいる。

すべては一対となり、私を支える『力』となっている。

全部が全部大切なこと。『嘘』があるから、『真』が生まれる。

『生命』が誕生し、そして『死去』する。

片方がなければ、もう片方も生まれない。

だから、どちらも大切なこと。必要が無いものなんて無い。あるわけがない。

『過去』があれば、『未来』がある。

『有』があるから、『無』も存在する。

『私』がいるから…………『貴方』がいる。

『貴方』がいるから、『私』がいる。

すべてが大切で、すべてが必要なもの。

『私』にとっての『貴方』はかけがえのない大切なもの。

『貴方』にとって、『私』は貴方を強く支える存在でありたい。


…………『貴方』の答えは―


〜〜〜〜〜ここから後書き〜〜〜〜〜
静かに、淡々とみたいな感じで。
何に関しても、対となるものは存在すると思うんです。
空なら海、生なら死のように。なんとなく書いてみたかった一品です。
中篇のに関しても、これに関しても、ジャンルは意味不明でした。
ケド、書いてて楽しめたので良かったです。